好きなものとか

ひとつだけ好きと決められない今日を「器用貧乏」言い訳にして

文系女子がプログラミングの勉強を始めてみる 環境構築編

プログラミングを勉強することを今年の目標のひとつとして決めたので、早速勉強をスタートしてみました。

 

何を勉強するかを決める

まず参考にさせていただいたのがこちらの記事です。

tech-camp.in

そもそもプログラミングの勉強をすると決めたものの、完全に見切り発車なので、ぼんやりと言語?の種類があるらしいとか、そんなイメージしかなかったのですが、こちらの記事を読んでどの言語を勉強するのがいいか、どのように学習を進めていけばいいのかをイメージすることができました。
私はもともとWebアプリに興味があったことと、使っているPCがWindowsかつ携帯はiphoneなので、消去法でRuby on Railsを勉強することに決めました。

 

どのように勉強するかを決める

Ruby on Railsの勉強法としては、下記の記事を参考にしています。

www.vivi-life.com

まずはドットインストールという動画サイトで学習を進めていくのがよさそうです。

ということで、第一弾として、プログラミングの学習をするための環境構築からドットインストールにお世話になることに。

https://dotinstall.com/lessons/basic_localdev_win_v2

動画でひとつひとつの手順を丁寧に説明してくれるので、言われた通りにするだけであっという間に開発環境の設定ができました!
しかし…登場するソフトやアプリケーションが多いのと、如何せん全くの初心者ということもあって、1回観ただけではイマイチ本質的なところは理解できていないように思えました。
そこで、もう一度じっくり見返しつつ&調べつつ、わかりにくかったところを自分なりにまとめてみました。

 

開発環境の構築とは?

ローカル開発環境=ローカルサーバ=PC内に作る仮想のコンピューターのことだと理解しています。
手元のPCのなかにもうひとつ仮想のPCを立ち上げるというイメージ。
Webアプリケーションをインターネット上に公開する際には、インターネット上のサーバに公開することになります。
いきなりその本番のサーバ(レンタルするのにお金もかかる)で開発をしていくわけにはいかないので、手元のPCにそれと同じ環境を作ることで、そこで開発やテストを行い、最終的に公開したいときにインターネット上のサーバにそれを移すことで、公開ができるようになります。

 

各種ツールの役割

この講座ではいろいろなツールが登場します。

VirtualBox:手元のPCにサーバを立ち上げるツール

VagrantVirtualBoxを簡単に動かすためのツール

CentOS仮想マシンで使用するOSの種類

Powershell:手元のPC(Windows)をコマンドで操作するためのツール

PuTTY仮想マシンをコマンドで操作するためのツール(WindowsPowershellのようなもの)

Cyberduck仮想マシン上のファイルの操作を簡単に行うためのツール(Windowsエクスプローラーのようなもの)

Atom:プログラミングに使いやすいテキストエディタ

Atomについては、ドットインストールの別の講座でも説明があります。先にそちらを見ておいたほうがわかりやすいかしれません
https://dotinstall.com/lessons/basic_atom_v2)

 

この講座を理解するコツ

自分のPCの中にもうひとつPCを作るとイメージするとわかりやすいかなと思いました。
なので、それぞれのツールも、普通のWindowsのPCでいうところの何?を考えてみると、役割が理解できる気がします。
簡単な図にするとこんな感じでしょうか?

f:id:gooutwithbooks:20180205234814j:plain

途中で出てくるOSやIPアドレス(コンピューターを識別するための番号)についても、通常のコンピューターに必要なもの=仮想PCを成り立たせるためにも必要なものと考えると、何のためにこの設定が必要なのかが理解できるように思いました。

 

 

自分の中ではそれなりに整理したつもりなのですが、きちんとした知識がある方からみたら全然違うよ!というところもあるのかもしれません。

もしお優しい方がいらっしゃれば、コメント等でご指摘いただければ幸いです。

そしてここまで勉強したところで、ブログのためにもWordpressやHTML・CSSPHPを勉強したほうがいいような気もしてきました…。

次回、Rubyの勉強編になるかそれ以外になるかはわかりませんが、のんびりと勉強を進めていきたいと思います。