好きなものとか

ひとつだけ好きと決められない今日を「器用貧乏」言い訳にして

やりたいことが山ほどある人間のゆるっと勉強法を決めました

ものすごく飽き性で、ひとつのことだけに集中するのが苦手です。
前回の記事でも書いたんですが、勉強したいこととかやりたいことが山ほどあります。
そんなんだから何も極められないんだとわかってはいるんですが、自分が楽しいことだけやりたいし、それでいいかなと思っていて、でもせめて何かひとつルールを決めておかないと何も続かなかくなってしまいそうなので、2018年の勉強法として「週7コマ制度」を決めました。

 

「週7コマ制度」とは?

単純に週7コマ分、今年やると決めたことのうちの何かを実行するというものです。
ポイントは、先にスケジュールを決めたりしないこと。
決まっているのは1週間に7コマという枠だけで、いつ何をやるのも自由。
その時にやりたいと思ったことをやって、終わったら記録するだけにしています。

 

1コマの単位はやりたいことに合わせて決める

1コマは時間ではなく、それぞれの物事にあわせた1単位で考えています。
たとえばブログの更新だったら1回の更新が1コマ分で、英語の勉強であれば参考書の1章が1コマ分。
今までは「1日〇時間」とか「1週間で〇ページ」みたいな目標の立て方をしていたのですが、やることによってかかる時間も変わってきてしまうので、自分が納得できる、達成感を得られる好きな区切りを決めてやろうと思いました。

 

週単位でスケジュール調整をする

週7コマと決めたのは、1日1コマを目標にしているからですが、仕事やその他の予定も考えると1日1コマできっちりは難しい。
一回うまくいかなくなると続けるのがつらくなりそうなので、1週間で7コマというゆとりを持たせています。
平日にできなくても土日で3コマ詰めたり、逆にやる気があれば平日に詰めて土日はたくさん遊んだり、もちろん7コマ以上できたらその分を記録していってもいいし、柔軟に調整できるようなやり方にしました。

 

管理の方法

私の場合はタスク管理その他すべてを「WorkFlowy」というWebアプリケーションでやっているので、そこに今年の目標と今週やったことをこんな感じで記録しています。

f:id:gooutwithbooks:20180114175732j:plain


1~7の枠だけを作り、終わったら内容と日付を入力。
さらに、「WorkFlowy」のノート機能を使って、ブログの内容や勉強したこと、感想などを記録しておきます。
「WorkFlowy」はタグで検索もできるので、あとから勉強内容を振り返るのにも便利でオススメです。

workflowy.com


こんな感じの勉強法で2018年をスタートすることに決めました。
うまくいかないことがあったらまた改善していきたいと思います。