好きなものとか

ひとつだけ好きと決められない今日を「器用貧乏」言い訳にして

KinKi Kidsを愛し続ける覚悟を決めた日

アイドルを好きになってから一番泣いた半年間でした。

 

これについて書くかどうかずっと迷っていたのですが、2017年を振り返る上で自分の中で一度言葉にしておきたいと思って書くことにしました。
何ひとつまとまっていないし、未だにこのことをどう受け止めていいかも、どう整理をつけられるのかもわからない中で、私は何を感じてきたかなぁという振り返りの意味で書こうと思います。


2017年6月28日に剛さんが突発性難聴を発症したと発表しました。
あの日から、アイドルを応援するということがどういうことなのかとか、何が正解なのかとか、そんなことばかり考えていた半年だったと思います。

 

6月28日。
私がそのことを知ったのは電車の中でした。
仕事が終わって、テレ東音楽祭の様子が知りたくてTwitterを開いたら、ツイートが怒涛のように流れてきて、断片的な情報を繋ぎ合わせてわかったのは、剛さんが耳の病気で番組に出られなくなり、光一さんがひとりで番組に出ているということ。
まだこのときはどんな病気なのかも、どんな影響があるのかもわからず、ただ不安と心配で血の気が引いてしまって、目の前が真っ暗になったことを覚えています。

 

正直、あのときのことはあまり記憶がなくて、ただ自分勝手なことをいえば、ひたすらに苦しかったのだと思います。
心の弱いファンでごめん。病気になった本人が何よりも苦しいことはわかっているのに、私はただ泣くことしかできなくて。
これから先、彼らがステージに立つとして、それを心から楽しむことが、応援することができるのだろうかと、わからなくなってしまいました。
無理をしてほしくない、でもステージに立ちたいと思っていることも痛いほど伝わってくる。
あのときは、ただ笑っていてほしいと願うことすらも負担になるのではないかと思って、未来を楽しみにしていると思うことですら苦しませるだけなんじゃないかと思って、でもネガティブなことは絶対に言いたくないし、ファンとしてどう受け止めて、どうするのが正しいのか、ずっとぐるぐる考えていました。

 

その答えは、未だにわかりません。

でも、腹をくくることに決めました。


あれから、パーティーがあって、ドリフェスがあって、いくつかの音楽番組があって、そしてドームコンサートがあって。
ふたりでステージに立ってくれることが嬉しいと同時に、心配や不安で手放しでは喜べない自分もいて。
でも、彼らが覚悟を決めてそこに立っているのなら、そんな風に勝手に凹んでいるのも失礼なだけだと、こっちも腹をくくるしかないと思いました。
東京ドーム公演で、「無理してでも立ちたい場所がある」と言った剛さんのこと。それに力強く「もちろん」と応えた光一さんのこと。
苦しくて、胸が締め付けられて、それでも見ていたいと願うのはこっちの責任だし、どんな未来も愛し続ける覚悟を決めました。

 

あの日の横浜で祈るように未来を夢見た私に、どんな形であれこうしていま確かに幸せな時間があること、KinKi Kidsの未来に期待していてくださいという言葉、ふたりの笑顔があるから、大丈夫だよとだけ言ってあげたい。


ということを元旦公演に入る前に書いていたのですが、まさかふたりが言い争いを始めるとは思っていなくて(笑)
色々あったことも含めて、ふたりが何を思って何を感じているかなんてふたりにしかわからないし、どんな未来でもふたりの選んだものを受け止めるだけしかできないから、これ以上何か言うのは野暮かなという気がしてきました。
今回のできごとは、もしかしたらふたりの関係性を決定的に変えてしまうのかもしれない。それがいい変化になるのか悪い変化になるのかもわからない、もしかしたら何も変わらないのかもしれない。
不安がないといえば嘘になるけど、信じて待っていたいなぁ。

好きな人が誰も傷つかず、誰にも傷つけられず、誰も傷つけない世界であってほしい。

ただそれだけを願っています。

 

あ、でも年に基本的に4回しかない公演のオーラスであの言い争いをみせられたことはちょっとだけ恨んでます!
最後くらい幸せに終わって!そういうところもKinKi Kidsらしいけどさぁ!
次がいつになるのかはわからないけど、ちゃんと幸せな続きを見せてよね。