アラサー女だけどライターになりたい

言うだけならタダだよね(読書・アイドル・その他なんでも)

第0回 アラサー女だけどライターになりたい

ライターになりたい、と漠然と思いました。
それはもしかしたら、新卒で入った会社のお仕事がつまらないからとか、人気ブロガーとして注目を浴びている人たちへの憧れと嫉妬とか、そんなどうしようもない理由からだったかもしれません。
それでも、なりたいと思ってしまったことは事実であり、幸か不幸か、思ったことは実行しなければ気が済まないタチなのです。


これから書くのは現在進行形の出来事で、ところどころで一つの区切りのようなものも迎えながらも、それすらもいつどうなるかわからないような、そんなアラサー女の人生の断片であり、書いた端から注釈が加えられ、訂正され、後悔と反省を織り交ぜ、趣味嗜好を垂れ流していくような、毒にも薬にもならないブログになる、かもしれません。


まずは、ライターもどきとして半分くらい夢を叶えたような叶えていないような、そんな2017年8月現在までのことを書いていこうと思います。

 

相当な頻度で本やらアイドルやらの話を挟むかもしれませんが、ご容赦くださいませ。
(過去に書いたものは折角なのでそのままにしてあります。)